映像のプロ、クリエーターになるための大変なプロセス

映像製作クリエーターになるための道のりは

手軽に楽しめるようななった映像の世界

現在では映像を楽しむという行為は昔のようにTVや映画の世界だけではなく、色々なメディアで楽しめるものとなっています。
色々な映画やアニメ、プロから素人の作品、また日本に限らず全世界の貴重な映像作品、過去の名画から3Dを駆使した最新技術を使った映画まではたまた立体的に仮想現実を見ることができるヴァーチャルリアリティまで、たくさんの作品を見ることができます。
昔と一番違うのはTVか映画だけの世界だった映像がインターネットやスマートフォンなどの急速な普及で動画再生という新しいメディアが登場し、違った世界の表現が多彩に楽しめるようになったことなどが大きく変化したところかと思います。
このように様々な媒体で多様な表現の映像が楽しめる現在は非常に恵まれた時代に我々は生きています。

映像を楽しむための媒体の増加

映像を楽しむための媒体の増加は非常に喜ばしく、また画期的なものが歴史の進歩で開発されてきました。
昔はなんと言ってもフィルムの発明による映画の登場でした、映画は当時の人々にとって一番の娯楽であり、エンターテイメントでした。
そしてTVの登場により自宅で映像が鑑賞できるようになった時は驚きをもって歓迎されました、映画やドラマが自宅でソファーに寝そべって見られるようになったのです。
そして時は経ち現在になり私達は手のひらサイズの映画館といってもいいスマートフォンというのを手にしました。
自宅から鑑賞の場所は外へ移り、電車やバスの中で映像が自由に楽しめるようになったのです、これは凄いことと言わなくてはなりません。


みんなにシェア

B!