映像のプロ、クリエーターになるための大変なプロセス

映像を楽しむだけではなく自分で製作する側へ

楽しむ側から送り出す側へ

そして映像の世界は現在革新的な進歩を遂げ特にわが国日本の映像技術は世界のトップクラスに位置するレベルに達しています。
これには日本の工業技術の高さももちろんありますが、それ以上に日本の映像に対する感性が他の国よりも独特な世界観を持っていたことが大きく関係していると思います。
特にアニメの世界は日本がいまや世界のトップを走っており、逆に海外のクリエーターたちが日本のアニメを模倣して作品を作っている時代になりました。
そのような時代ですからもちろん日本からも映像の世界に足を踏み入れようとする人々が近年急増しているわけです。
やはり日本という土壌からかアニメクリエーターを目指す人が多いようですが最近は特殊効果などの世界へ進もうとしている人も増えているようです。

映像製作の道を選ぶ人たち

映像製作と一口に言っても現在はいろいろなジャンルが分かれているので、映像製作クリエーターの道を選ぶ人もジャンルが様々違います。
ただ共通しているのは映像の好きなジャンルがあってそれのヘヴィユーザーであった方々が見るだけでは飽き足らず憧れていた送り手としての創作の側を目指したというのはあると思います。
そして昔に比べてそういった人へのプロからの手助けも増え、入門できるスタジオなども増加の一途をたどっていると聞きます。
特に日本はアニメのジャンルについてはもはや世界のトップまで来ているので、若い才能がたくさん埋もれており、これらの原石たちの登竜門として映像のプロという道が開けているのは非常に良いことだと思います。


みんなにシェア

B!