映像のプロ、クリエーターになるための大変なプロセス

映像製作のプロクリエーターになるためにはどうしたら

映像政策のプロになるため学校へ

そして今数が激増しているのが映像クリエーターへの専門学校の開校の多さです。
もともとあった学校も当然ありましたが、現状の人材の不足を何とかしたいという業界の思惑もあるのでしょうか、近年になって急激に数が増加しているそうです。
一昔前でしたら映像スタジオなどに弟子入りして下働きをしながらステップを踏んでいくというのが通常だったそうですが、時代も変化したものでそういった古いやり方では人材発掘に時間が足りないというのがプロ側としての本音ではないかと思います。
また学校教育として特殊技術を教えていくのであれば伸びる人材の発掘も早いですしそれ自体もビジネスとして成立しますのでプロの映像関係者としては都合が良いともいえますね。

独学で表舞台にYOUTUBERの存在

また学校へ通ってクリエーターを目指す方々とは別にインターネットという現在の最強ツールを活用してクリエーターになる人々もいます。
いわゆる自作動画で表現をするYOUTUBERという存在です。
近年では子供の将来なりたい職業の上位を占めるほどになっているそうで影響力の高さが伺えます。
まったくの独学といってよい知識と技術で人々をひきつける動画を生み出し、才能を発掘されたりそれが仕事になってしまうのですからそれは物凄いことといえます。
この背景にはインターネットで検索し情報を仕入れることの情報量の多さが大きく関与しています、現在はたいていのことはプロの扱う用語や技術でも簡単に調べられる時代です。
そうして自分独自の感性と得た情報で映像をクリエイトできるのはある意味これも才能のひとつであるかと思います。
映像製作クリエーターを目指す人は自分にあった感性で進むべき道をチョイスしていったほうが良いと思います。


みんなにシェア

B!